青木脳神経外科医青木道夫顧問医による検証

aoki6

青木脳神経外科・形成外科では、冬季の患者さんの治療の一環として【いやしだま】を使用。

短時間で体温が上げるために使われています。

aoki1

 

himitu

 

aoki2

青木脳神経外科・形成外科院長青木道夫先生による、様々な検証を行っております。
サーモグラフの検証では、使った方の多くが表面体温2度ほど上がりました。

↓の図は、表面体温3度ほど上がっているのが解ります。

トップ3