脊椎ヘルニアの痛み2日

6609-450x337

脊椎ヘルニアの痛み2日で感じなくなった驚き

- お客様のお喜びのメールより抜粋 -

 

内村様  ごぶさたしております。

日々忙しく追われるように、一日一日のスケジュールをこなすように暮らしております。

連休のきょう、やっと内村様にお伝えしたいことをメールできるゆとりが自分のおこりました。

6月下旬の頃の以上な暑さ、梅雨明け以後の毎日の酷暑、スポーツするのと変わらない公園、練習の日々、その暑さにも音を上げて7-8個(いやしだま)入りの腹巻をついつい外したりしていました。

はじめは、恐る恐る3日はずし、7日はずし、今じゃ、気がつけば10日ぐらい平気ではずせます。(時たま新のところで小さい、多分、神経の塊がピッと痛みますが、あわてて、夜、腹巻か、足首のサポーターをつけて寝ます。信じられないくらいありがたいことです。

 

想えば…一年前から始まった脊髄ヘルニアの神経の痛みとの戦い。

ブロック注射も効かず、強い痛みどめの薬も短時間しか聞かず、薬害で胃潰瘍になりかけていたときAさんにしょうかいされ、今年3月はじめ、内村屋さんのいやしだまと出逢いました。

 

なんと、1日、2日で痛みが感じなくなった時の驚き、でも直ぐには信じられなくて、この痛みが消えた時、宝物のようにみえました。

この小さなかわいい玉たちが。

一生外せなと思っていたこの腹巻とも54か月やそこらで外せるようになるなんて!

いやいや、まだまだ、この玉ちゃんたちを大事に大事に、一緒に生きていきます。

(しょっとオーバーですか?)

ありがとうございました。